不動産投資はメリットが多い

不動産投資はメリットが多い

不動産投資には様々なメリットがあります。一番大きなメリットは、利回りが安定しているということです。
住居というものは人間の生活に必要不可欠なものですから、景気が良かろうと悪かろうと、人がいる場所には、常に、不動産の需要が存在します。老後に、年金以外にも、安定した収入源を用意しておきたいという方には不動産投資はうってつけと言えます。また、見逃されがちですが、不動産投資は節税効果も大きいです。
税法上は、不動産投資による利益は、不動産所得に相当します。この不動産所得の必要経費として、減価償却費が認められます。減価償却費というのは、実際に支出を伴うものではありませんから、経費として認められ節税された分だけ得をすることになります。

 

地元密着型の不動産会社を利用するメリットについて

不動産会社の中には、地元密着型の業者も多く存在しています。
こうした不動産会社を利用すると、いろいろなメリットを得られます。最も特徴的なのは、自社の営業エリアの不動産物件を熟知していることです。もちろん、物件そのものの情報のみならず、周辺地域の環境や人の流れなども詳しく把握しています。ですから、不動産物件やエリアについて的確な情報を得ることができます。
さらに、地元密着型の不動産会社は長くそのエリアで営業を続けています。そのため、不動産を所有する地元のオーナーとの付き合いが多く、たくさんの物件情報を持っています。つまり、一般の住宅情報サイトなどには出ていない有力物件を保持しているケースがあるのです。
その上、個人で経営している不動産会社ならば組織やマニュアルに縛られることはありません。従って、家賃などの条件に関して柔軟に対応してくれることが多いものです。
不動産の売買や賃貸を考える場合は、地元の不動産会社を利用してみるのも良い方法だといえます。

Blog

Calendar