重要事項説明が大切な不動産物件の購入

重要事項説明が大切な不動産物件の購入

不動産物件の購入について大切なものになるのが重要事項説明というものです。
不動産物件を購入する時に、不動産業者のほうから説明があると思いますので、そちらが重要事項説明となります。
重要事項説明についてですが、不動産物件についての重要な事項を説明する事を言います。どのような不動産業者からも必ずされる事ですので、あらかじめどういった説明があるのかをチェックしておくこともお勧めです。
では、詳しい説明の中身ですが、重要事項説明書というものが提出されるはずです。その重要事項説明書の中には、登記簿に記載の権利関係や物件概要についての記載があります。さらに、代金授受の方法についても記載されています。それに従って料金の支払いというものを行わなければいけません。
また、契約解除の場合の規約等についても記載がありますので、もしもの時のためにそちらも確認する必要があります。

 

不動産広告の基礎知識

不動産広告というのは、不動産物件の所在地や間取り、家賃や価格などを表示した広告物のことを言います。
不動産業界では、チラシなどの紙媒体が一般的でしたが、最近はインターネットでの不動産広告も増え、より手軽に物件情報に触れることができるようになりました。不動産広告には規制が多く、法律によって禁止されている表現なども多くあります。たとえば、「抜群」「最高」など、他の物件との比較になるような表現は、裏付けがなければ使用できないようになっています。そして、嘘の広告、おとり広告、誇大広告などももちろん禁止されています。逆に、消費者にとって不利になるような不動産情報については、表示しなければならないという義務があります。


Blog

Calendar