賃貸関連の不動産に関わる入居審査とは

賃貸関連の不動産に関わる入居審査とは

賃貸関連の不動産に関わるものとして、まず最初に重要なものになるのが入居審査というものです。賃貸関連の不動産に入居する場合には、必ず関わってくるものと思いまして注意しましょう。
では入居審査の内容ですが、基本的に賃貸関連の不動産に対してしっかりと家賃が払えるのかという事です。ですので、収入や仕事について査定されるものと思ってください。収入が多い方や仕事が安定している方は、入居審査についてはそれほど難しいものではないと思っていただいて間違いはありません。
賃貸関連の不動産ですが、入居審査は基本的に書類の提出や面接というもので行われます。特に難しいものではありませんが、嘘などを付いてしまいますとその時点で否決となります。正直に話しましょう。収入が少なくても、しばらくすれば安定するなど伝えれば問題なくなる事もあります。
そのように賃貸関連の不動産の入居審査を切り抜けましょう。

 

不動産を夫婦で共有名義の場合の売却

不動産につきましては、夫婦で共有名義になっている事もあるでしょう。共有という事で、実際に不動産を売却する時には、どうすればいいのかという事を考えこんでしまっている方も多いはずです。
1人の方が不動産を持っている場合の時の売却手続きと、共有名義の売却の手続きはやはり内容が違いますので、しっかりと覚えておくことが重要になります。では、不動産について共有名義であった場合の売却手続きですが、まず契約書の締結や登記手続きには必要になるものがあります。それが書類の調印というものです。そちらにつきましては、原則として本人が行う必要があります。ですので、実印や印鑑証明といったものを、夫婦それぞれで用意しなければいけません。少し不動産売却の時は手間になってしまうわけです。
不動産を共有名義にしている方は注意しましょう。


Blog

Calendar