不動産購入のローンについての決定

不動産購入のローンについての決定

不動産を購入する場合はローンを計画します。
ほとんどの方がローンを利用して不動産を取得します。ただ、不動産を購入するためのローンについてはどこでもいっしょというわけにはなりません。利用するところによって、ローンの内容も大きく違います。不動産のローンは大きな額になりますので、ちょっとした違いが大きな影響を与えることにもなります。まず金融機関それぞれの不動産系のローンをチェックしましょう。その中でどれが最も有利であるのかを確認するべきです。また、自分がそのローンを組めるのかも考えましょう。
金融機関によって審査の難しさにも違いがありますので、そのあたりまで考察しておくと確実でしょう。また返済条件も確認するべきです。

 

不動産の所有期間に関する注意点

不動産を売却した際に発生してくる所得税と住民税の税率は、所有期間が5年以内か5年を超えてくるかによって税率が2倍ほど異なってきます。
しかし、ここで言う所有期間は一般的に認識される所有期間とは少し異なってきます。通常であれば、不動産を購入してから売却するまでの期間を指しますが、ここで言う所有期間は、不動産の取得日からその不動産を売却した年の1月1日までの期間のことを指します。通常の所有期間よりも短くなるため注意が必要になってきます。なお、相続や贈与によって取得した不動産の場合は、相続や贈与によってその不動産を取得した日が取得日になるのではなく、故人や贈与者が取得した日を引き継ぐことになります。そのため、故人が5年を超える期間所有していた不動産を相続してすぐに売却したとしても、低い方の税率が適用されるので安心して下さい。


Blog

Calendar