任意売却とブラックリストについて

任意売却とブラックリストについて

任意売却をするとブラックリストに掲載されてしまうのではないか・・。と心配される方もいますが、これは正確には間違っています。
任意売却をしたから個人信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に掲載されるのではなく住宅ローン返済を一定の期間にわたって滞納した時点でもうすでに事故情報として情報機関に掲載されます。ですから任意売却をする時点や任意売却を検討する時点で既に事故情報として記録されていると考えて良いでしょう。任意売却をしなくても、このまま放置して、競売になった場合でも当然記録はされます。ですから任意売却をするとブラックリストに載ることを心配するよりも、いま何をすべきかを考え行動する方が賢明と言えるでしょう。

 

任意売却とリースバック

任意売却をすると、今まで住んでいた家は手放さなければならないのが通常ですが、もし、今まで通り元の家に住み続けたいと希望される場合には、任意売却後のリースバックという方法があります。
リースバックとは、物件の買い手に貸し手となってもらい、任意売却した人と賃貸借契約を交わして、家を貸し出すという方法のことです。
任意売却をすることによって物件の所有権は買い手に移っていますが、毎月決められた賃料を払うことで、元の家に住み続けられるのです。
もちろん、賃料が発生するので、一定の収入がなければ難しいですし、家賃の滞納などがあれば退去せざるを得なくなります。任意売却せざるを得ない状況の人がリースバックを利用するためには、親族など援助や協力が不可欠ともいえるでしょう。


 

Blog

Calendar