任意売却を競売と比べたときのメリット

任意売却を競売と比べたときのメリット

離職や病気などにより、収入が減ってしまい、住宅ローンの返済が滞ってしまった場合は、早めの対処が必要となります。
そのまま滞納を続けていると、住宅が競売にかけられてしまいます。そんなときの対処法のひとつとして、任意売却があります。任意売却と競売を比較すると、第一に、残債の圧縮効果が違います。競売の場合、相場よりも安い価格で落札されることが多いので、残債を減らす効果はあまり期待できません。
一方、任意売却の場合は、普通に住宅を売却する場合と同様の価格で売ることができ、残債の返済も楽になります。
また、任意売却の場合は、引越し費用を捻出できたり、引越し時期の調整が可能というメリットがあります。
他にも、任意売却は競売よりもメリットが多いので、競売前に早めに任意売却の計画を立てることが大切です。

 

任意売却の際、滞納した税金は分割払いの申出を行う

任意売却を行う場合に失敗しないようにするためには、滞納がある税金は分割払いの申出を行うことが大切です。
任意売却を行う場合で、住民税や固定資産税などの税金を支払うことが困難になった場合には、滞納をそのままにしておかないで、管轄の市町村の担当の窓口で相談を行って、分割払いの申出を行いましょう。
お願いをきちんとすれば、税金を滞納したことによる差押をされなくなる確率が高くなり、それだけ、任意売却も行いやすくなるからです。
住宅ローンとは違って、自己破産を選んだとしても、滞納した税金が無くなることはありません。
任意売却を行う場合の税金については、滞納した時、または現在滞納しそうであれば、市町村の担当の窓口で早めに相談を行って、分割払いの申出を行いましょう。
任意売却を行う場合には、このことに注意しましょう。


Blog

Calendar