任意売却と引越し代の負担の流れ

任意売却と引越し代の負担の流れ

任意売却のメリットと言えば引越し代金の負担というものがあります。
任意売却を行うと、引越し代金を費用として認めてくれていた事も多かったです。しかし、それも数年前までの話となってしまいました。現状の任意売却と引越し代の負担の流れにつきましては、前のように引越し代についてあまり真剣に考えてくれていない事もあります。少額までしか認めないといことで任意売却をする方にとっては少しハードルが出てきてしまいました。
しかし、任意売却についてですが、特に注意していただきたいのが業者による部分が大きいという事です。任意売却を手伝ってくれる業者によっては引越し代金の負担について積極的に話し合ってくれるところも存在しています。そのようなところでしたら、引越し代金の心配をする必要もありません。引越し代の交渉もお任せができます。

友人が任意売却していた

私とほぼ同じ時期の10年ほど前に家を建てた友人がいつの間にか引越ししていて後から家を任意売却したという話を聞かされました。
その友人は、住宅ローンを月に10万円の支払いでボーナス支払いは0というように以前に支払いのプランをボーナス無しに変更してもらったという話は聞かされていたのですが、任意売却してるとは思いもしませんでした。サラリーマンは、今の時代ボーナスとかはあてにならないのでボーナスの支払いを0にしたのはいいけれど毎月の支配で生活困難になってしまったということでした。それで借りた金融機関に相談したら任意売却を勧められたということです。家を建てて10年ならまだ売れるといわれたそうです。それに任意売却の場合相場と同じ額で売れ、さらに売れた額の一部はこちらにもいただけるということらしいです。引越し代やこれからの生活費などといったお金の部分ということです。けれど競売にかれられた場合などは売れたお金はまったくこちらには入ってこないという話を聞かされたそうです。それで任意売却を決めたということでした。任意売却で売れた場合引越し時期や今後の支払いの残高も支払いやすく相談できるというメリットがあるということです。
今回私が思ったことで任意売却の一番のよいところは、近所や周りの人には、ただ引越ししただけのようにしかみえないということでが良いとこと思いました。引っ越すので売ったというように任意売却を頼んだ金融関係の方がしてくれたということでした。同じ時期に家を建てた友人が家を手放すということは、ショックでしたが友人は今回任意売却してよかったといってました。
総合的にみて任意売却で損をした部分はないといってました。逆に引越し先まで探してくれて任意売却して住宅ローン残高が減り残りのローン返済方法も支払いやすく変更してもらったということで、トータルするとよいことばかりだよといってました。
その話をきいて友人が前向きな気持ちなので安心したのを覚えてます。


Blog

Calendar