催告書と任意売却手続き

催告書と任意売却手続き

催告書と任意売却手続きについて。住宅ローンの支払いが滞った場合、任意売却を考える必要があります。
延滞から2か月後にははがきなどの書面で、支払依頼通知が届きます。それでも支払いが滞ると催告書が届きます。その後も支払いがされないと、督促状が届きます。督促状には何月何日までにいくら未入金分と延滞損害金を払ってくださいと書いてあります。それでも期日内に払えないと、最後に催告書が届きます。これが届いたらアウトです。未入金だけでなく、残りの全債務の支払いをしてくださいと書いてあるからです。この通知が来る前に、ローンの支払いが無理だと分かった時点で、任意売却手続きを進めましょう。
任意売却なら競売より物件が高く売れますし、その他のメリットも大きいです。
催告書が届く前に任意売却の選択肢もあることを覚えておいてください。

 

任意売却にかかる費用について

任意売却にかかる費用について懸念される場合もあるでしょう。
実際は任意売却にかかる費用はほとんど発生しないと考えて良いでしょう。なぜなら任意売却が決まるとその売却代金から様々な費用が配分されます。引越し代や仲介業者に払う費用などです。そして残った金額を住宅ローンの返済に回します。この配分については債権者(金融機関)との話し合いで決まります。税金などの滞納分がありましたらその分も配当してもらえることが多いでしょう。任意売却においては多くの場合良心的な対応をしてもらえますの。
そして万一任意売却が決まらなかった場合でも仲介業者は相談料をもらわないケースがほとんどですので、手元にまとまったお金がなくても、安心してください。


Blog

Calendar