任意売却の場合競売で落札してもらう方法があります

任意売却の場合競売で落札してもらう方法があります

任意売却の場合に、自分の家を手放さない方法として、競売で落札してもらう方法があります。
任意売却の場合に、いい方法がなければ、競売を行うという方法もあります。任意売却より競売の方が安く自分の家を買取れることがあるため、一つの方法になるでしょう。この場合、誰でも債務者自身以外であれば、入札することができます。
しかし、競売の場合は入札方式のために、自分の家を確実に入手できるとは限りませんし、資金調達も問題になってきます。任意売却の場合に、自分の家を手放さない方法はいくつかありますが、実現するためには非常に困難といわざるをえません。
自分の家を手放さないという考えはみんな同じですが、あまり無理をして、その後の暮らしがさらに困難になってしまっては全く任意売却する意味がありません。

任意売却は販売期間の長さが重要

任意売却をする際に気をつけなければいけないことは、任意売却業者に依頼したからといって、それで問題が解決されると決まったわけではないということです。
任意売却は住宅を買いたいという人が見つかって初めて、売却が成立します。つまり、もしも、競売までに買い手が見つからなければ、任意売却は失敗に終わってしまうということです。債権者によっては、競売の申し立てから、実際に入札が行われるまで、3ヶ月という短期で行われることもあります。
こういう場合は、仮に任意売却ができたとしても、期間の短さから十分な販売活動ができず、安く売らざるを得なくなることがあります。
したがって、任意売却を考えている人は、販売活動を余裕を持って行えるように、できるだけ早めに任意売却業者に依頼をするのが大切となります。


Blog

Calendar