任意売却のタイミングとは

任意売却のタイミングとは

任意売却とは、「住宅ローン」の支払いが難しくなった場合に、債務者と金融機関との合意の上で不動産を売却し、債務整理をする事をいいます。また、住宅を売却したいが「差し押さえ」や「抵当権」が付いているために一括返済できない場合、それらを解除する手続きをしてから売却を行います。
任意売却のタイミングを逃すと「競売」にかけられ、相場の約60〜70%程度の価格で落札される事となります。経済的なメリットは任意売却の方が大きく、競売の場合家を失って更に債務が残る可能性もあります。
滞納して1ヶ月後くらいに督促状が送られきますが、更に2ヶ月程経つと最終勧告である「期限の利益喪失」に関する催告書が送られてきます。滞納する事が分かってから最終の勧告書が届くまで、これが任意売却のタイミングと言えます。
競売が決定してからも開札の二日前までは任意売却出来ますが、焦って自分の条件どおりに売却できない事も考えられますので、準備期間を設けるためにも早めの決断が大切です。

任意売却のメリット

昨今の不景気の影響で給与や賞与の減額・倒産・リストラなどで住宅ローンの支払いが困難になった場合、自宅を競売に掛けられるのは避けたいものです。そこで、任意売却という選択肢があるのはご存知でしょうか。
任意売却は競売に掛けられるより、より市場価格に近い金額で売却できます。また、住宅ローンの滞納・未納という事情を周囲に知られずに売却できるので、プライバシーも守ることができます。
競売の場合は強制退去を命じられることもありますが、任意売却なら事前協議の上で退去日を決められます。さらに債権者との交渉によって引っ越し費用の捻出もできます。
上記の他、任意売却にはまだまだ多くのメリットがあります。ご家族の大切な未来を守るためにも、任意売却は非常に有効な手段です。

Blog

Calendar