任意売却業者選びのポイント

任意売却業者選びのポイント

任意売却を検討しているときというのは、住宅ローン返済に追われているときなわけですから、なかなか落ち着いて物事の判断をするのは難しいものです。
しかし、任意売却業者を選ぶときは、焦っているとしても、十分な分析をし、慎重な判断をする必要があります。
任意売却業者を選ぶときは、交渉能力と売却能力がどれだけあるかをチェックするのが大切です。

・交渉能力

任意売却の際は、債権者との交渉が必須となります。
ここで、債権者からの合意が得られるかどうか、債権者に良い印象を持ってもらえるかどうかが、任意売却の成功に大きく影響します。

・売却能力

できるだけ残債を減らすためにも、高値で売却することは重要です。
任意売却業者に高値で売れるだけの販売網があるか、宣伝力があるかが問われます。


 

任意売却は債権者に配慮し早めに進めよう

任意売却を進める上で、大切なのは債権者との関係を良好に保つことです。
そのためにも、任意売却の手続きは早めに進めるのが大切です。
遅くなればなるほど、誠意が足りないとみなされ、後の交渉で不利になります。なお、任意売却をするには、債権者と話し合い、売却を認めてもらう必要があります。
債権者にとっても、競売にかけるのは手間がかかりますし、競売ではあまり資金を回収できません。したがって、債権者としても、任意売却はありがたいですから、合意にはこぎつけやすいです。
さらに、任意売却をすれば、返済のための積極的な姿勢のアピールにもつながりますから、引越し費用や時期についても、債権者と交渉しやすくなります。
以上のように、任意売却を早めに進めて損はないどころか、メリットばかりですから、恐れず任意売却を進めてください。


Blog

Calendar