任意売却と競売との違い

任意売却と競売との違い

任意売却という言葉をご存知でしょうか?
もしかすると任意売却より「土地を競売にかける」という言葉を耳にされたことのあるの方が多いかもしれません。任意売却と競売、これはどう違うのでしょう。
ローンの返済が滞り自宅が差し押さえられてしまうと、そのうち競売にかけられることになります。一般に競売の場合は、せめぎ合いの末最終的に任意売却より何割か安く売られてしまいます。また競売の性質上、買い手を集めるために物件情報が公開されてしまいます。業界人だけがこの情報を閲覧できるわけではなく、一般の新聞にも掲載されてしまいます。このように色々な面で、お宅が競売にかけられてしまうことにはデメリットが大きいのです。
そのため自宅を第三者が行う競売から防ぐため、任意売却を任された会社はあなたの希望のもとで自宅を売却するのです。売却価額においても安全性においても、交渉力があり信頼できる会社に任意売却をお願いした方が安心と言えます。

任意売却の可能時期について

任意売却の可能時期について説明します。
住宅ローンを延滞した場合、金融機関はたいてい一定の延滞期間を経ないと任意売却に応じません。その期間とはだいたい3−6か月と言われています。なので任意売却が可能になる時期を逆算して、任意売却の準備を進めていきましょう。任意売却はまた、担保不動産競売開始決定通知からでも手続きは可能です。が、競売の改札期日の前日までなら売却可能になるのですが、債権者との交渉が必要になるのでご注意ください。債権者によっては競売の手続き終了後は、こちらの交渉に一切応じない機関もあります。
なので競売の手続きを債権者が始める前に、任意売却の手続きを早めに進めておく、という流れがベストですね。

【神奈川県(他市・町)】
相模原市/ 鎌倉市/ 逗子市/ 三浦市/ 葉山町/ 厚木市/ 大和市/ 海老名市/ 座間市/ 綾瀬市
愛川町/ 平塚市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 秦野市/ 伊勢原市/ 寒川町/ 大磯町/
南足柄市/ 中井町/ 大井町/ 松田町/ 小田原市


Blog

Calendar