任意売却に掛かる費用について

任意売却に掛かる費用について

任意売却を行う時に掛かる費用は、例えば仲介手数料や抵当権抹消登記料、抵当権が複数なら抵当権解除料といった、手続き上にかかる費用だけではなく、任意売却の売主が引っ越すための費用など多岐に渡ります。
こうした費用は、本来は売主が負担した上で不動産を売却するのですが、任意売却では売主に支払い能力がないため、どうしても債権者に費用負担をお願いすることになります。
しかし、債権者には費用の負担義務など無く、単に任意売却によって得られる残債の返却のほうが価値が高いから負担してもらえるに過ぎませんから、債権者が拒めば任意売却はできないことになってしまいます。
任意売却に掛かる費用には業界水準となる費用負担基準がありますが、単なる基準として定められているだけで、基準に従って負担してもらえるかどうかはあくまでも債権者との交渉しだいとなります。


 

任意売却にはほとんどデメリットはありません

任意売却というものには多くのメリットがあります。
では、任意売却にはデメリットというものはないのでしょうか?任意売却にはほとんどデメリットというものはありません。しかしながら、任意売却を行ってしまうと、リースバックや身内間での売買などが行えないような場合には、住宅を失うようになります。また、任意売却の後も残債務があるため、金融機関のブラックリストである信用情報には掲載されます。信用情報に掲載されるのは、任意売却を行わなくても、住宅ローンの返済を滞納するようになってから2ヶ月から3ヶ月経った時には掲載されています。本人または本人の了解を得た者であれば、信用情報に掲載されているかどうかを確認することができます。

 


Blog

Calendar