滞納税のため差押がある場合の任意売却は可能か

滞納税のため差押がある場合の任意売却は可能か

健康保険税や固定資産税などの滞納を行っているため差押がありますが、任意売却は可能なのでしょうか?
健康保険税や固定資産税などの差押があった場合でも、任意売却はもちろん可能です。しかし、各自治体によって、健康保険税や固定資産税などによる差押の対応は違ってきます。延滞税や滞納税など、自治体によっては全額を支払わないと差押を解除しないところもあります。
また、一部の本税を支払って、残りを分割で支払うと差押を解除してくれる自治体もあります。このような健康保険税や固定資産税などの滞納税の差押の場合は、一般的には、専門の任意売却を頼んでいる不動産業者が、債務者に代わって折衝を行ってくれます。
そのため、任意売却を行う場合には、任意売却を頼んでいる不動産業者と良く相談を行いましょう。

任意売却を行う人はほとんど残債務に無関心です

任意売却の場合に最も多い相談は、売却した後の残債務に関するものです。
任意売却の場合の売却代金は、まず住宅ローンを返済することに使われますが、それでも残債務が完全に無くなるということではありません。しかしながら、多くの任意売却を行う人がほとんど残債務に無関心であるのには驚かされます。そのため、多くの任意売却を行った人は、売却した後の残債務の支払請求にびっくりすることになります。
債権者に対して、「任意売却を行ったので、残債務は無かったことになりませんか」というのもいいですが、かえって残債務の全てを請求されるようなことにもなります。任意売却をすると残債務が無くなってしまうと思っている人は多くいます。
簡単に多額の残債務を手放してくれるような債権者はいません。


Blog

Calendar